2016年05月10日

バイノーラル録音の話し〜その4〜

バイノーラル録音講座・・・みたいなのです。
4回目です。

一気読みは→ コチラ

今日はささ〜っと行きますね。

バイノーラル録音を行う時に
誰しも1度は悩むであろう

録音レベル

についてお話ししますね!

結論から言うと
普通のマイクと同じ波形の大きさにすると
とんでもなく大音量になっちゃうよーってこと。

バイノーラル音声は
波形が小さくても大丈夫なんっす。

ここからは格納してます。
続きからどうぞ。



**つづきはコチラ**

2016年05月04日

バイノーラル録音の話し〜その3〜

需要があるのか分からないけど
バイノーラル録音講座。
3回目です。

今日はICレコーダーの設定について
お話ししようと思います。

というのも
かなせがバイノーラル録音を始めた時
一番悩んだのがこの

ICレコーダーの設定

なのです(>_<)

かなせが使っているICレコーダーは
RolandのR-05です。

なので
今回はR-05を持ってる人限定の
内容になってしまいます・・・。
すみません。

ただ機能的には
他のICレコーダーと同じような感じだと思うので
R-05以外の方でも参考になる部分はあるかもしれないです。

では
詳細は続きからどうぞ!

**つづきはコチラ**

2016年04月22日

バイノーラル録音の話し〜その2〜

はい!
今日はバイノーラル録音講座(?)の
2回目です(*^O^*)

今回は録音環境について
お話ししますね。

かなせは
こんな感じの環境で
録音を行います。

bi02.jpg

■イスではなく床に座ろう。

これには理由があります!

バイノーラル録音は

『右から左へ移動しながら』
『声が耳元に近付きながら』


というような【動き】が要求されます。

通常のマイクでの録音との違いですね。

場合によっては
マトリックスのキアヌ・リーブスのような
動きをしながら録音を行うこともあります。

イスに座っていると
動きにくかったり
動くときにイスの軋み音を
マイクが拾ったりするんです。


なので
床に座って録音する方が
良いかなって思います。

個人差・イスの差があるでしょうから
あくまで【かなせの場合】ですけど。

長くなるので
続きは格納しています。

続きからどうぞ。
**つづきはコチラ**